イタリア高額ワイン10位 2016年版

italy2-10005810

ワイン価格検索サイト「ワイン・サーチャー」が2016年度のイタリア高額ワイン銘柄トップ10位を発表した。前回ランキング調査をおこなった 2013年に1位を獲得したワインは オルネッライアのヴェンディミア・ダルティスタ(Ornellaia’s Vendimmia d’Artista Special Edition Bolgheri Superiore)で、当時 $978ドルでしたが、現在は$401ドルへと値下がりしランキング10位から外れました。白ワインがトップ10位に入ってませんが、イタリアは赤ワインの名産地なので驚くことではないはず。なお、このトップ10位には、生産が終了しているビンテージワインは含まれません。

 

2016年度 イタリア ワイン銘柄  高額トップ10位

 

1位

ジャコモ・コンテルノ モンフォルティーノ・バローロ・リゼルヴァ(ピエモンテ州)

Giacomo Conterno Monfortino Barolo Riserva( Piemonte )

平均価格:$755

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

 

 

第2位

オルネッライア マッセート トスカーナIGT  (トスカーナ州)

Masseto Toscano IGT, Tuscany

平均価格:$685

0_0_orig

 

 

第3位

ジュゼッペ・クインタレッリ   アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ・リゼルヴァ     Giuseppe Quintarelli Amarone della Valpolicella Classico Riserva, Veneto

平均価格:$637

1144758x

 

 

第4位

ビオンディ・サンティ テヌータ・グレッポ・リゼルヴァ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

Biondi Santi Tenuta Greppo Riserva, Brunello di Montalcino, Tuscany

平均価格:$553

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-3

 

 

第5位

ビー・ビー・グラーツ テスタマッタ・コローレ トスカーナIGT

Bibi Graetz Testamatta Colore Toscana IGT, Tuscany

平均価格:$533

 

398767

 

第6位 ロアーニャ バルバレスコ・クリケット・パイエ

Roagna Crichët Pajé Barbaresco, Piemonte

平均価格:$500

461563

 

第7位

カーゼ・バッセ・ディ・ジャンフランコ・ソルデラ トスカーナIGT  および、

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ(トスカーナ州)

Case Basse di Gianfranco Soldera Toscana IGT  and  Brunello Riserva, Tuscany

平均価格:$483

 

case-basse-di-gianfranco-soldera-toscana-igp-brunello-riserva-docg-italy-10633099

 

 

第7位 ミアーニ カルヴァリ・レフォスコ コッリ オリエンターリ・デル・フリウーリ

Miani Calvari Refosco Colli Orientali del Friuli, Friuli-Venezia Giulia

平均価格:$483

18ヘクターの土地から8000本のワインだけしか生産されないというのが特徴。

 

wine

 

 

第9位

アヴィニョネージ オッキオ・ディ・ペルニーチェ・ヴィンサント・ディ・モンテプルチアーノ

Avignonesi Occhio di Pernice Vin Santo di Montepulciano, Tuscany

平均価格:$460

image_4584743_full

 

 

第10位

ジュゼッペ・クインタレッリ アルチェロ・カベルネ ヴェネトIGT

Guiseppe Quintarelli Alzero Cabernet Veneto IGT

平均価格$431

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

2016年度マスターオブワイン試験問題

ワイン業界のMBAと言われる「マスターオブワイン」の試験が先週行われました。
今年は何名のマスターオブワインが誕生するのでしょうか。その問題の一部です。
さて皆様、チャレンジしてみましょう!?

The wines:

  1. Château Brown. 2013. Pessac Léognan, Bordeaux, France (13.5%)
  2. Châteauneuf du Pape, Domaine Vieux Telegraph Blanc. 2014. Rhône Valley, France (13.5%)
  3. Chardonnay, Clos du Bois. 2014. California, USA (13.5%)
  4. Chardonnay, Kistler McCrea Vineyard. 2013. Sonoma Mountain, California, USA (14.1%)
  5. Clos Windsbuhl Pinot Gris, Domaine Zind Humbrecht. 2013. Alsace, France (14.5%)
  6. Pinot Gris, Ponzi. 2014. Willamette Valley, Oregon, USA. (13.1%)
  7. Acodo White Rioja, Basilio Izquierdo. 2010. Rioja, Spain (13.5%)
  8. Albariño, Bodegas de Fefinanes. 2014. Rías Baixas, Spain (12.5%)
  9. Crios de Susana Balbo Torrontés, Dominio del Plata. 2015. Argentina (13.9%)
  10. Gewürztraminer, Waimea. 2014. Nelson, New Zealand (13.5%)
  11. Vouvray, Domaine Marc Brédif. 2013. Loire Valley, France (12.5%)
  12. Riesling, Ried Schütt, Dürnsteiner, Emmerich Knoll. 2012. Wachau, Austria (13.5%)

The questions:

QUESTION 1

Wines 1 and 2 are from the same country. They are both blends. For each wine:

  1. a) Identify the region of origin as closely as possible, comment with reference to the grape varieties used. (2×10 marks)
  2. b) Comment on quality within the context of the region of origin. (2×10 marks)
  3. c) Discuss the key winemaking techniques used to arrive at this style. (2×5 marks)

QUESTION 2

Wines 3 and 4 are from the same country and the same grape variety.

With reference to both wines:

  1. a) Identify the grape variety and origin(s) as closely as possible. (16 marks)
  2. b) Discuss winemaking with particular reference to maturation post fermentation. (14 marks)
  3. c) Comment on quality within the context of the region of origin. (20 marks)

QUESTION 3

Wines 5 and 6 are made from the same grape variety.

With reference to both wines:

  1. a) Identify the grape variety. (20 marks)

For each wine:

  1. b) Identify the region of origin as closely as possible. (2×8 marks)
  2. c) Discuss style and commercial appeal. (2×7 marks)

QUESTION 4

Wines 7 and 8 come from the same country.

For each wine:

  1. a) Identify the origin as closely as possible. (2×10 marks)
  2. b) Comment on the winemaking. (2×8 marks)
  3. c) Discuss style and quality. (2×7 marks)

QUESTION 5

Wines 9-12 are from four different countries and are made from four different grape varieties.

For each wine:

  1. a) Identify the grape variety. (4×8 marks)
  2. b) Identify the origin as closely as possible. (4×7 marks)
  3. c) Comment on quality and state of maturity. (4×10 marks)

ファインワインIndex から読む世界経済

ワインの流通や価格は、世界の経済の動きに大きく影響されます。

LIV-ex 社のFine Wine Index 50 のチャートをみてみましょう。

ac9f04dff4016f6abaf8ad6f0c11eec5

5大シャトーの過去10年間のヴィンテージの価格と取引回数をもとに2003年の12月の時点を100としています。変化が見られたのは2004年から2005年にかけて。
英国SIPP Speculation (自己投資型個人年金)で高級ワインも投資の対象として注目を浴び、
2005年から欧米でワインファンドブームが起こりました。

2008年のリーマンショックで数字が落ちましたが、金融刺激策により大きく上昇し、
中国の景気とボルドーの当たり年2009年と2010年のリリースでピークを迎えるも、
その後中国の政治改革、反汚職、反賄賂などの影響でワインの流通と価格が一気に降下。

今年前半からブリグジットの影響でポンド安になり英国にある高級ワインの流通が盛んになってきてきます。
Liv-exは2016年5月の伸び率は6.5%と過去9番目に大きな数字と言っていますが、
このまま上昇していくのか、降下していくのか、今後の動きが非常に注目されています。

 

白ワインとチーズの組み合わせトップ5

The Drinks Businessによる「白ワインとチーズの組み合わせトップ5」が発表されました。

5位:リースリングとパルメジャンチーズ
パルメジャンチーズの塩気と苦味がリースリングのほんのりとした甘みとぴったり。
ちょっと異質な組み合わせのようですが、このハーモニーはとってもオススメとのことです。

4位 プロセッコとブリー
クリーミーな口当たりのブリーチーズと弾ける泡が立ち上がるドライなプロセッコとの相性は抜群。
シャンパンではブリーのクリーミーさが感じられなくなるそうです。ドライなプロセッコと合わせてみてください。

3位 ホワイトジンファンデルとマンチェゴ
スペインのラマンチャ地方発祥のマンチェゴチーズは羊乳を原料とした甘みとやさしい食感が特徴です。
またホワイトジンファンデルはあまり日本ではメジャーではありませんが、アメリカでは人気のロゼワイン。
フルーティーなロゼとマンチェゴのリッチなフレーバーとの相性は抜群!

2位 ピノグリジオとモッツァレラチーズ
マイルドな味わいのモッツァレラチーズと冷やしたピノグリジオは定番と言えば定番のペアリングですね。
相乗効果でシトラスの酸味が感じられます。

1位 シャルドネとチェダーチーズ
樽香がないミディアムボディの新しいシャルドネと合わせてみてください。
とてもリッチで高級感あふれるシャルドネに大変身!

チーズとワインはいつの時代でも最高の組み合わせ
是非、皆様試してみてくださいね!

 

情報元:The Drinks Business

ホワイトハウス主催 晩餐会ワイン

ホワイトハウスで開催された北欧5カ国の晩餐会のワインリストとメニューとは? Appetizer Canapes of Chicken and Waffles and Aquavit Seafood Cocktail Sa […]

カリフォルニアで最も高額なワイン

カリフォルニアで2016年、最も高額なワインは何でしょう?

それはずばり「スクリーミングイーグル」

 

とは言え最も高額なのはスクリーミングイーグルの白ワイン。
それもソーヴィニンブラン種主体、2010年がファーストヴィンテージです。

その最高額のワインの秘密は、
年間生産量わずか300本の少量生産で、メーリングリンスのお客様へのみ販売。
小売平均価格は、驚きの$3706!

 

2位は、スクリーミングイーグル赤
リリースから翌年の1992年でいきなり99点を獲得し、
ロバート”Greatest”と言わしめたスクリーミングイーグルが2位
3位は、ハーランエステート
ワイン界のロックスター、ウィリアム・ハーラン氏が"カリフォルニア格付け1級"
を目指して1984年ワインづくりを開始しました。
ファーストヴィンテージは1990年。
100点連覇で小売平均価格 $825ドル。
4位はシュレーダーのオールドスパーキー
今年1月ザッキーズのオークションでシュレーダー特集が開催され
競り合いの末スパーキーダブルマグナムが約400万円で落札されました。
5位、スケアクロウ
ファーストヴィンテージは2003年の新しいワイナリーですが、
ルーツは1900年代まで遡ります。
大手映画会社のMGMフィルムのプロヂューサーJJCohnが
ルザーフォードに広大な土地を購入し、戦後に本格的にワイン造りを始めました。
「スケアクロウ」はMGMが関わった「オズの魔法使い」から名付けられています。
年間生産量500ケースのみ。
6位、ダナエステーツ
’ダナ’とはサンスクリット語で”豊富” ”寛大”という意味。
まさに豊かでリッチな味わいのダナエステーツ。
アメリカの小売価格平均 米ドル626ドル
7位、スクリーミングイーグル、セカンドフライト
最初に作られたのは2006年。メーリングリストのお客さんへ
2006年と2009年の2本セットが$225ドル(1本当たり)で販売されました。
現在は1本$609で販売されています。
8位、ブライアントファミリー
元祖カルトワインのブライアントファミリーが8位。
ワインメーカー業界トップのデービッドエーブリューと
ワインコンサルタント世界一のミシェルローランドを招き
ワインのスペシャリストを集結したドリームチームを結成し軒並み100点を獲得。
一時期ヘレンターリー女史との裁判沙汰でゴタゴタしていましたが、
最近はまた高得点を獲得しています。

9位、エイブリューヴィンヤード ドレヴィロス
デーヴィッド・エイブリュ氏自身のワイナリーです。
エイブリュー氏はナパのラザフォードで生まれ育ち幼い頃からワインの世界に関わっていました。
RP100点を5回も獲得した天才醸造家です

10位 シュレイダー・セラー CCS トカロン
シュレイダーセラーから2つもエントリーされました。
シュレイダーセラーの特徴は何と言ってもその凝縮感です。
特にCCSは深みとリッチ感を極めた味わいです。平均小売価格米ドル523
相変わらずカフォリルニアワインも高騰が続いてるようです。