ブルゴーニュ有数のワイン醸造メーカー。北海道でワイナリー開始!

フランスのブルゴーニュ地方で有名なワイン醸造メーカー、ブルゴーニュ・ヴォルネイに本拠を置き、ドメーヌ・ド・モンティーユとシャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェを所有するエティエンヌ・ド・モンティーユは、寒帯気候に適したピノ・ノワールとシャルドネを生産するワイナリーを北海道の南部に造る計画を発表しました。

0400003165643

メディア発表会で、モンティーユ家は、来年、函館のブドウ園を買い占めることを明らかにし、以下のように述べました。

「現在の所有地は 3〜5ヘクタールですが、最終的には10〜15ヘクタールまで広げる計画です。日本は「高品質のピノ・ノワールを生産できる土壌」と「大きな国内ワイン消費力」の両方を持つ唯一の国だということが、チリ、ニュージーランドなど世界中のワイナリーを訪問した結果、明らかになりました。」

「今や国際的に有名なウイスキー醸造メーカーの「余市」や「山崎」は、北海道の北部地方で何年もワイン造りをおこなっています。つまり、北海道の函館でワイン造りをおこなうことは、全く新しい試みという訳ではありません。しかし、北海道の北部は冬場の積雪が非常に多いため、北部より温暖な南部の函館のほうがワイン造りに適していると考えています。」

「函館は、バランスの取れたワインを生産するには十分に涼しく、土壌は主に低収量の火山でできています。降雨量は周辺都市より多く、夏場の平均雨量は1ヶ月あたり140〜180ミリメートルにもなります。しかし、降雨量については、排水システムを取り入れることで対策できるため、降雨については、さほど心配していません。」

「私は、我々が必ず成功しますと宣言はしませんが、成功するための全てを尽くすつもりです。このプロジェクトは我々にとって素晴らしい経験であり、大きな挑戦です。そして、多くを学べる絶好のチャンスであり、最終的にはブルゴーニュでのワイン生産技術の改良に大きく貢献するだろうと考えています。」

Burgundian vintner Etienne de Montille is planning to build a winery in southern Hokkaido in Japan to produce cool-climate Pinot Noir and Chardonnay, in what he describes as “a complete pioneering project” for any French winemaker.

Speaking to dbHK during a media luncheon hosted by the Altaya Group, the scion of the Volnay-based de Montille family revealed that he is buying up vineyards in Hakodate to open up a winery next year. The initial vineyard size will be three to five hectares, but eventually will be expanded to 10 to 15 hectares, he added.

According to the winemaker, Japan is the only country that has both, “the potential for producing high quality Pinot Noir and a strong domestic wine market,” he revealed after visiting various vineyard sites in Chile and New Zealand.

Noting that winemaking in Hokkaido is not a new concept, he stressed that a few local wineries such as Yoichi and Yamazaki have been making wines in northern Hokkaido for years. However, the northern region of Hokkaido experiences too much snow during winter, making the warmer southern region of Hakodate, a better option, he said.

“The climate is cool enough to produce balanced wines, and the soil is a low-yield volcanic type,” he continued, explaining the terroir and climate in Hakodate. Rainfall in the region is higher than neighbouring areas, he noted, averaging between 140 and 180 millimetres a month in summer.

However, he emphasised that rainfall is not a concern, as simple measure such as a good drainage system and covering soil with plastics can lessen the effects of rainfall on vineyards.

“I am not saying that I am going to succeed, but we will do everything to succeed. It’s going to be a great experience, a great challenge and we are going to learn so much, and ultimately it’s gonna help us to do better in Burgundy.”

情報元:https://www.thedrinksbusiness.com/2017/01/etienne-de-montille-to-open-winery-in-japan/