2017年 最も優れたワイン小物 TOP10位!

2017年に人気沸騰しそうな「2017年 最も優れたワイン小物」をご紹介いたします。

1. 冷却ワインパール ( Wine Pearls )
ワイングラスの中で、ワインをお洒落に冷すことのできるワインパール。パールは金属で、氷のように水にはならないため、ワインの味はそのままにワイングラスに注がれた後も冷温なワインを楽しむことができます。ワイングラスの金属パールは見た目も美しく、パーティーシーンで使用すれば華やかさを引き立ててくれます。

wine-pearls

2.組立式 プラスチック ワイングラス ( Pop Up Wine Glass )

持ち運び便利な組立式のプラスチック製、ワイングラスはどんどんお洒落に進化しています。軽くてコンパクトなので、ピクニックや野外でのカジュアルパーティーで大活躍です。

pop-up-wine-glass-640x640

3. ヴィンチュリー ワイン エアレーター( Vinturi Red Wine Aerator )

ワインエアレーターを通してグラスにワインを注ぐことで、簡単にデキャンタをした状態にできる優れものです。 ワインの美味しさを引き出してくれます。
vinturi-640x640

4. エアーコルク( Air Cork )

ワインの酸化防止 保存に最適!とアメリカで話題なのがエアーコルク。一度開けたワインを保存するには空気が大敵ですが、ブドウのついたホースの反対側についたバルーンは、ブドウを手のひらで握るとバルーンに空気が入り、バルーンがワインボトル内の空気を押し出してくれるので、ワインを空気から守ります。バルーン部はアメリカの食品医薬品局の基準をクリアしており、バルーンの匂いはワインに移りません。1回ふくらますと3日ほど持ちます。追加でポンプするとさらに3日ほど効果があるようです。
air-cork-640x640

5. ワイン温度計 ( Wine Thermometer )

ボトルにベルトのように巻きつけるだけで、デジタルディスプレイ上にワインの温度を表示します。画像は、シンプルなデザインと機能性を重視したデンマークのプロダクトブランドmenuの商品です。
wine-thermometer-640x427

6. ワインクレードル( The WineCradle )

ワインクレードルは、ワインボトルを衝撃から守るエアクッション ワインケースです。渡航時、預け荷物のスーツケースにワインボトルを入れるとき、ワインボトルの破損から守ってくれるエアープロテクションバッグです。万が一、ボトルが割れてしまった場合でも、中の液体が漏れ出すことを防ぐだけでなく、繰り返し使用できます。750mlボトルとマグナムボトルに使用できます。また、コンパクトに折りたたんで持ち運べるのも嬉しいポイントです。

wine-cradle-640x435

7. コークシクル ( Corkcicle )

フロリダ発!コークシクル「ワインチラー」は、ワインが美味しく飲める温度を保つためにデザインされた、 氷山のつらら型のワイン保冷アイテムです。『CORKCICLE(コークシクル)』の創業者Benがガレージでワインを飲みながら日曜大工している時、次第に温くなっていくワインをみて、一定の時間、手軽に適正温度に保つにはどうしたらいいか? その時ふと思いついたのがこの『CORKCICLE Wine Chiller』 コルク(Cork)の先に溶けない氷柱(Icicle)がくっつけば温くなりすぎず、冷たくなりすぎない美味しいワインを飲める!そして、試作を重ね、Corkcicle Classicが完成しました。ブランド名も【Cork+Iciccle】から【Corkcicle】と名付けられました。

corkcicle-640x448

8. コナンドラム ワイン デキャンタ ( Conundrum wine decanter )

成熟したワインの澱を除去するため、 固く閉じているワインを空気に触れさせて本来の美味しさを引き出すため(ワインを開かせる)に必須のデキャンタですが、こちらの螺旋デザインが美しい、コナンドラムのデキャンタは、ワインを注ぐと、大きな表面積全体にワインが広がり、十分にワインを空気に触れさせてくれます。また、このデザインはサーブするときの持ちやすさも計算されているので、注ぐときの所作もキレイに見せてくれます。
conundrum-aerator

9. Secura 電気式 ワイン栓抜き ( Secura electric corkscrew )

驚くほどスムーズに自動でワインボトルのコルクを抜いてくれる!電気式ワイン栓抜器です。
secura-640x451

10. コラヴァン(Coravin)
ワインはコルクを抜いてしまうと酸化が始まり、美味しくなくなってしまうので開けた後はすぐ飲むことが常識になっていますが、コラヴァンは、そんな常識を覆し、コルクを抜かずにワインを注げてしまい、品質がほとんど劣化しない革新的なアイテムです。本体・アルゴンガスの入ったカプセル2つ・ボトルスリーブ・針のケア用品などが入っていて一式で299ドル(約3万6000円)ほどで販売されています。コラヴァンは 1年間かけて1本飲みきっても官能検査で劣化が出ないなどのデータも出ており、飲食店経営の人などには特にありがたい機械と言えそうです。日本では池袋のPIN FRITO AND WINE BARONやワインバーハガクレなどが、取り扱いを始めています。

coravincr-640x474

情報元:https://www.thedrinksbusiness.com/