老舗ワイナリーを営む家族の再生を描いたフランス映画「First Growth(英題)」が、「ブルゴーニュで会いましょう(邦題)」が、11月19日より東京のBunkamuraル・シネマほかにて公開されます。

本作の舞台は、世界的に有名なワイン産地であるフランス・ブルゴーニュ地方。20歳のときにブルゴーニュを離れパリで著名なワイン評論家となったシャルリのもとに、実家のワイナリーが倒産の危機を迎えているという話が飛び込んでくる。帰郷しワイナリー再建を決意するシャルリだが、長らく疎遠になっていた父親との溝はなかなか埋まらない。しかし、ぶつかり合いながらも父子はいつしか互いに手を取り、最高のワインを作り出そうとする。家族を愛しながらも素直になれない父を演じるのは、「そして友よ、静かに死ね」のジェラール・ランヴァン。「パリ、ただよう花」などに出演し、「イヴ・サンローラン」で監督としても評価を受けたジャリル・レスペールがシャルリ役を務めた。公式ホームページ:http://bourgogne-movie.com

news_xlarge_bourgogne_poster

ストーリー

フランス・ブルゴーニュ地方を舞台に、老舗ワイナリーを営む家族の再生を描いたヒューマンドラマ。20歳でブルゴーニュを離れたシャルリは、パリで著名なワイン評論家として活躍していた。そんな彼のもとに実家のワイナリーが倒産の危機の報せが入り、シャルリは実家へと戻る。久しぶりに父親との再会を果たすシャルリだったが、父はワイナリーを捨てて出ていった息子を許すことができなかった。ワイナリー再建を決意し、新しい技法を取り入れるシャルリと、そのやり方を受け入れられない父。ぶつかりあう2人だったが、最高のワインを作り、ワイナリーを再建させるため、いつしか手を取り合うようになる。主人公のシャルリ役を「イヴ・サンローラン」で監督・脚本を務めたジャリル・レスペール。頑固な父親役に「そして友よ、静かに死ね」などで知られるフランスの名優ジェラール・ランバン。

フランス語の映画名:Premiers crus   監督:ジェローム・ル・メール

制作年:2015年  制作国:フランス  上映時間:97分