スタバ。お酒も提供する高級コーヒーショップを展開!

スターバックスは400店を超える米国の店舗で販売していたワインやビールなどの販売を中止しました。そのかわり、これからはお酒も提供する高級コーヒーショップ「Starbucks’s Reserve Roastery 」を展開していきます。

Starbucks_Reserve_Roastery_19

37717397493772c98562c88f63e0708f

スターバックスの酒類取扱いは、2010年に初めて試験的に導入され、2014年に市場規模を2倍、1000億ドルへ拡大する大規模な事業拡大プロジェクトの1つとなり「16時以降のメニュー」が発案されました。「16時以降のメニュー」では、トリュフ風マカロニ、鶏肉の串焼きなどと一緒に「Prosecco(プロセッコ)」「Pinot Grigio(ピノ・グリージョ)」「Sauvignon Blanc(ソーヴィニヨン・ブラン)」「Chardonnay(シャルドネ)」「Brachetto(ブラケット)」「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」「Malbec(マルベック)」「Chianti(キャンティ)」「Cabernet Sauvignon(カベルネ・ソーヴィニヨン)」などのたくさんの品種のワインが提供されました。

2年間の試験期間を経た結果、439店舗でのお酒の販売は中止されることになりました。ただ、いくつかの店舗とアウトレットモール内の店舗では継続して販売されます。 お酒を販売するアイディアは、2015年2月に英国で発表され、ロンドンのスタンステッド空港内にある店舗から初めて導入されました。この店舗は現在もお酒を販売しており、今後も販売されるようです。

そして、ビール、ワイン、スピリッツなどのお酒は、スターバックスが新たに展開している、高級なコンセプトの店「Starbucks’s Reserve Roastery(スターバックス リザーブ ロースタリー) 」で販売されます。初店舗は2014年にシアトルてオープンし、2014年にシアトルにオープンした「Starbucks Reserve Roastery」ではコーヒーの焙煎をストアで行うほか、2階建ての図書館、インハウスキッチン、ギフトショップなど世界一広く、コーヒーショップの域を超えた店舗として人気を集めています。

Starbucks-Reserve-Sprudge-325

次は上海とニューヨーク、マンハッタンのミートパッキング地区にオープン予定です。スターバックスは2019年までには厳選されたプレミアムコーヒーを提供する「Starbucks’s Reserve Roastery」を20店舗、そして小型店を1000店舗の設置を目指しています。

starbucks-reserve-roastery-and-tasting-room_main-bar-coffee-silos

日本国内初の「Starbucks Reserve Roastery」は4店舗目として、2018年12月に目黒にオープン予定です。設計を担当するのは世界的に建築家として名が知られる一人、隈研吾氏。春になると桜が楽しめるよう目黒川沿いに建設予定で、敷地面積1,200平方メートルの広さになる予定です。

Starbucks is ending its experimental Starbucks Evenings programme – which had offered a menu of beer and wine – at over 400 US outlets, ahead of the expansion of its high end Reserve Roastery store concept, which will serve booze.

The “Starbucks Evenings” programme was first tested in 2010 and rolled out in the US in 2014 as part of a plan to double its market value to $100 billion.

The ‘after 4pm’ menu included food such as truffle macaroni and cheese and chicken skewers alongside a list of nine wines including a Prosecco, Pinot Grigio, Sauvignon Blanc, Chardonnay, Brachetto, Pinot Noir, Malbec, Chianti, and Cabernet Sauvignon.

Two years into the experiment, Starbucks has confirmed that 439 Starbucks-owned locations will cease serving alcohol from today, but that some licensed Starbucks stores in the US and some international outlets may continue offering the programme.

The concept was unveiled in the UK in February 2015, starting with Starbucks at London Stanstead Airport, which for now is expected to continue.

Going forward, a range of beer, wine and now spirits will instead be sold at Starbucks’s Reserve Roastery stores – the company’s new high-end concept offering signature coffee beans.

The first Roastery opened in the chain’s hometown of Seattle in 2014, with a second scheduled to open in New York City next year in the Meatpacking District of Manhattan.

By the end of 2019, Starbucks hopes to have opened at least 20 Roastery locations, as well as 1,000 smaller Reserve stores, which would serve only small-lot premium coffee.

情報元:https://www.thedrinksbusiness.com