2月公開!米国ドキュメンタリー映画!

「 Napa Valleyのワインビジネスで成功する方法 」

Napa Valleyのワインビジネスで成功する方法とは? Napa Valleyのワイン醸造業者の実態と真実を探る米国のドキュメンタリー映画「Decanted」。2017年2月に公開されます。新しいワイナリーで産み出されたItalics Winegrowersという銘柄のワイン造りを通してビジネスの真実を探るといったストーリーで描かれています。

この映画には、世界有数の高級ワインとして知られる Screaming Eagle の元造り手であり、現在はBarrett & Barrett Winesを手がける Heidi Barrett 氏、Reynolds Family Winery、そして Italics Wineryを手がける Steve Reynolds 氏、Bell Wine Cellars の Anthony Bell 氏、St Supéry の Michael Scholz 氏など、Napa Valleyのワインを代表する有名な造り手が関わっています。

Decanted は、どのような人物が Napa Valley のように競争の激しいワイン業界に飛び込み、どうやってワイン事業を開始し、一体何が彼らを成功に導いたのか? という問いかけに答えていくように撮られています。

このドキュメンタリーは、今まで知ることのできなかったワイン醸造業者の「たくさんの骨の折れる仕事」「奇才稀な人間性」「幸運を引寄せる強い力」を明らかにしています。ディレクターの Nicholas Kovacic 氏は、「ワイン醸造業者の計り知れない厳しい工程を乗り越えて、ワインは1本のボトルに詰められるのだという事実を、世界に正確に伝えるためにこのドキュメンタリーを制作した」と述べています。

Nicholas Kovacic 氏は、「私の映画に対するインスピレーションは「歴史」と「遺産」という言葉から始まります。カルフォルニアの Napa Valley という土地は、この土地の歴史と、この土地の恵みが絡み合うことで世界有数のワイン産地となったのです。」

「米国西部に住む人達の忍耐力の強さに大きな感銘を受けました。彼らのずば抜けた忍耐力によって、ワイン醸造の規制が最小限に抑えられているおかげで、彼らが土地を所有し続けられる限り、Napa Valleyはどれだけでも成長することができるとおもいます。そういった意味でNapa Valleyのように恵まれた土地は、世界中で米国にしかないでしょう。現代人の視点からNapa Valley の歩んできた道を少しだけしるきっかけになればとおもいます。」というコメントも残しています。

Decanted は、2017年2月21日より、iTunes、アマゾン、 Google Play にて観ることができます。

  • スクリーンショット 2017-01-12 18.31.05

情報元:https://www.thedrinksbusiness.com